酒さが悪化する原因

タンクトップを着る

酒さは、皮脂腺が過剰に発達したり血管が拡張することで起こる皮膚の病気です。
なぜ皮脂腺が過剰に発達したり、血管が拡張するのかという原因については詳しく解明されていませんが、
酒さが悪化してしまう要因についてはわかっています。
暑さに晒されたり、辛いものを食べたり、運動をしたり、汗をかいて血管が拡張するような行動は控えた方が良いでしょう。
また、紫外線にも気を付ける必要があります。
酒さというのは元々肌の白い白人に多く見られる皮膚の病気です。
肌が白い白人というのは他の人種に比べると紫外線のダメージを受けやすいという特徴があります。
そのため、元々の遺伝や紫外線の影響を受けやすい人が酒さになりやすいと言われています。
また、ダニが原因となっている場合も。
ダニというと不衛生なところに発生するイメージがあるかもしれませんが、ほとんどの人の皮膚にダニが生息しています。
皮脂の多い部分に生息しやすいという特徴があるので、特に顔には多くダニが生息しているんだそうです。
ほとんどの人に顔ダニは生息しているので、普段は特に害はないんですが、免疫力が落ちると顔ダニが原因で酒さになってしまうと言われています。
アジダームクリームは、ニキビ治療薬として過剰な皮脂の分泌を抑制する働きがあるので顔ダニが活発に活動するのを抑える効果があります。
しかし、紫外線の影響や免疫力の低下はアジダームクリームでは防ぎようがありません。
アジダームクリームはあくまで酒さによる顔の赤みと、膿疱を改善する効果があるだけなので、
酒さの悪化を防ぐためにはこまめに日焼け止めを塗ったり、外出時に帽子を被る、規則正しい生活を心がけるなどの対策が必要になります。
アジダームクリームで酒さ治療をしながら日頃から自分で酒さ改善のための努力をする必要がありますね。